ショスタコーヴィチ作曲、弦楽四重奏曲第8番

c0021859_1317820.gif 暗い孤独の中、救いを感じない、冷たい暗闇の中で迫る恐怖に自分のイニシャルを連呼するこの音楽。息苦しい緊張感が恐怖とで荒んでくる心情。
 そして恐怖と絶望と、垣間に少し聞こえるような虚しい希望を行ったり来たりしながら静かに消えてゆく
 こんな音楽を聴いて少しでも亡くなった人に近づきたく思うのです。

 昨日の朝、担当している講座の講義のため学院に向かう電車で接した悲報に。

 ショスタコーヴィチ作曲、弦楽四重奏曲第8番。ボロディン四重奏団の演奏で。

by yurikamome122 | 2015-02-02 13:16 | 今日の1曲