ブルックナー作曲、交響曲第8番をハイティンク指揮、コンセルトヘボウ管弦楽団の81年の録音で

c0021859_2201036.jpg ハイティンクがこの曲を公式に録音したのは何種類あるのかはよく知らないけど、このコンセルトヘボウ管弦楽団で3種類、あとはウィーン・フィル。ドレスデンのシュターツカペレ、あとシカゴ交響楽団やロンドン交響楽団ともなかったかどうか。
 でも81年録音のこの演奏が一番好きなのです。
 オケと指揮者の一体感と言いますか、オケのニュアンスの細やかさというかデリカシーというか、そのあたりここまでくるともうエクスタシーの領域ではないのかと。
 落日の夕日を見るような充実感とやるせなさと、そして懐かしさと。
 響きが途切れるときの込められた想いとか、フレーズの呼吸の生き物のようなぬくもりとか、様々な表情の旋律の綾がいろいろな光を帯びて紡がれてゆく、その立ちのぼるような神秘とか、そんなのは巨匠ハイティンクでも天下のウィーン・フィルを手兵としても、あのドレスデンのシュターツカペレを持ってして、そしてその後にこの楽団に客演したときの録音でもここまでの完成度は結局再現できていないのでした。
 豊かな響きのホールと一体になった、全部がツボにハマった美しいオーケストラの響きは、暗く、重く、そして深い。
 この地上に確かにあった、指揮者とオーケストラの理想的な一体感が音楽を聴いてブルックナーの重厚な神秘の響きに包まれる幸せを味わえる録音を残してくれたことに感謝と、追憶の彼方の記憶を呼び戻すような切なさに包まれる演奏でありました。

by yurikamome122 | 2015-02-21 22:00 | 今日の1曲