バルバラで「黒いワシ」

c0021859_11211615.jpg バルバラといえばチケット即完売のシャンソンの女王。
 人格者というか、もう女神のような存在に近かったのかも、いやそういう事は彼女自身いやがるだろうけど、でも彼女のユニークさは、彼女の歌を、詩を聴くために人々はどこへでも行ったし、彼女自身そういう聴き手を大切にしたらしい。
 ディディエ・ドコワンの小説「眠れローレンス」にインスパイアされたと言うこの歌は、その小説の主人公「ローランス」に捧げられた。
 この曲との出会いは、たぶん中学生だったと思う。音楽室かどこかで、いや、中学校の音楽室だった。
 放課後、面白くて人気のあった音楽の先生がこれをかけていて、音楽室に遊びに行ったときに聴いた。
 先生にカセットに入れてもらって、それこそ何度も。
 フランス語の洒落た響きと曲のカッコよさ。っていうか、言葉がわからなくても引き込み吸い寄せられるバルバラの歌がカッコよすぎ。フランス方面に興味が出た始まりがこれだった。
 歌詞をちゃんと読んだのはちょっと後だったけど、バタ臭くってファンタジックでメルヘンな世界。
 ちゃんとCD買ったのはつい最近、中古CDに目が留まりつい。
 歌とともに70年代のやはり多少夢見がちな憧に満ちたあの頃が今聴くとこの歌詞と曲にダブったりするわけです。
 岸洋子なんかも日本語で歌ってたりするけど、バルバラの迫力は圧倒的、さすがに今聴いても引き込まれる。

youtubeがあった。もちろんバルバラの。


by yurikamome122 | 2015-03-23 19:12 | 今日の1曲