「ただ愛に生きるだけ」、マルティーヌ・クレマソー

c0021859_15133135.jpg マルティーヌ・クレマソーと言うフランスの歌手がいて、大阪万博の頃だったかと思うのだけど、私が小学生の頃「ただ愛に生きるだけ」という歌を歌って結構はやっていたのが懐かしいのだけど、今自分の周りの人に聴いても誰も知らないのは少々残念なことだと思う。結構テレビやラジオでも流れていたはずだと思うのだけど、そう思うのは、私のすぐ近くにいたギターの好きなお兄さんのせいかもしれない。当時「天使のささやき」などと言われて結構話題になったと思うのだけど。
 クレマソー自身フランス人なのだけど、実は日本語でも頑張っていて、誰が訳したのかと思って調べて見たら、片桐和子さんという人が「訳した」のではなく原詩を基に「作詞」をしたらしい。ところでこの片桐さんは、その頃の「おかあさんといっしょ」の歌のお姉さんの片桐さんとは別人とのこと。
 はさておき、作曲は「恋はみずいろ」のアンドレ・ポップ。バタ臭さとエキゾチズムを感じる歌だった。

フランス語バージョン


日本語バージョン


 そういえば、マルティーヌ・クレマソーといえば「哀愁のアダージョ」というのもあって、これがスペインの作曲家、ミカエル・ヴァケスの作曲と言われていて、このミカエル・ヴァケスが今もって誰だか判らないのだけど、どなたかご存じ?。


by yurikamome122 | 2015-08-08 15:14 | 今日の1曲