金田式DACを更にいじってみる

 金田式DACのAFの部分に電源回路がないことがちょっと驚きだったが、そんなことはさておき、今度はデジタル部分にも目を向けてみると、金田式のパーツはほぼオリジナルとは言え基板そのものはユニバーサルではなくエッジングされたものを使っている。
 グランドはベタアースとなっているので、オリジナルよりはひょっとしたら良いかも知れない。しかもちゃんとデジタル部とアナログ部が分離されている。
 このベタアース部分に関してデジタル部とアナログ部はノイズ遮断回路を入れることにする。そしてまた、各コンデンサとチップは銅板によりシールドを施した。
 これが海の水がどんどん澄んで、色とりどりの熱帯魚が戯れるような珊瑚礁が海面からでも手に取るように見えるような、音が鮮やかになって音の精度は上がっていくように感じるのだけれども、不思議なことにやればやるほどつまらない音になってゆく。混じり合ったオーケストラの音も個々の楽器がこれほど正確に分離したのは聴いたことはないのだけども、定位感も残響も奥に拡がり、まるで部屋の奥にブラックホールでもあるような感じになってしまった。
 実際、以前に別のチップを使ってDACを製作したとき、グランドの取り方、ベタアースの取り方で音がコロコロ変わった。そんな中でこの音は以前にユニバーサル基板からDACを組んだときにアースの取り方で失敗をしたときの感じに近い。ということで、チップ上のシールドの銅板をアースを取ることにしてみたらビンゴ、部屋の奥のブラックホールは消えて、目で見るようなオーケストラの楽器それそれが浮かび上がるような迫力と正確さ、そして録音会場の形や広さを意識させるアンビエンスが豊かに部屋一杯に拡がった。改めてこんな集積回路からは輻射がかなり多いと言うことを再認識。c0021859_6383466.jpg
 また、基板上の3Vの3端子レギュレターと5Vのレギュレターのブリッジダイオードにもシールドと共に接地をするとやはり思ったとおり、音を出した瞬間変化がわかる。
ものはついでで、S/PDIFのカップリングコンデンサのシールドも試みてみた。
 それから、能動素子のシールドと言うことでは、AF部分の整流ダイオードも銅箔巻きによりシールドし、もちろん接地。それからRコアのトランスもコイルの部分に銅板を巻きそれをシールドする。これはプリアンプ製作の時に効果が見られたもの。もちろんこれも接地。スッキリしたけれど音がなんというかリアリティーと言えばそんな感じもしないでもなかったエッジの立った、鮮やかで新鮮な感じのすると言えばそうなのだけれども、私には若干刺激があったように感じたものが、これでそれが全く取れて柔らかで滑らかな、それでいてきめの細かき高品位な音に生まれ変わった。当初の前へ出るような力強く押しの強いパンチのあったこのDACの音は、今では臨場感のある拍手を再生し、当初のリアリティーとは全然次元の違う軽やかな空気感、開放感と柔らかな繊細さと同時にスケール感を伴った恐るべきDACに変わった。

 ブルックナーの交響曲は、大編成でありながら室内楽的に楽器を鳴らし色彩感と透明感を感じるマーラーと違って、それこそ大オーケストラが雄大にユニゾンで鳴るわけで、そのスケール感と迫力と、そこに楽器の重ね合わせで変化する音色とホールトーンの中で繊細にコントロールされるヴィヴラートなどを伴い、長いフレーズをまるで物語を語るように抑揚を微妙に付けつつ呟いたり歌ったりが心臓をロックするのが音楽の感動の幅を拡げる。コーダでは大オーケストラ弦楽器の奥に金管がズラリと並んでのtuttiが見えるよう。
 また、マーラーのアダージョの色彩感に満ちた透明な響きがホールに溶け込んでゆく。
 それに教会でのグレゴリアン・チャントは、ちゃんと天から響いてくるじゃないか。
 それから、長年の懸案だったシュナイト指揮、神奈川フィルの「田園」、キタ。
 これで金田式DACの悪戯はおしまい。この実験結果を安井テイストの次回作DACに反映してみることにする。

 教訓:シールドは必ず接地しろ。

by yurikamome122 | 2015-11-11 06:40 | オーディオ