1級建築士受験参考資料 学科Ⅴ「施工」 民間連合協定「工事請負契約約款」①

工事契約の約束事(民間連合協定「工事請負契約約款」)

第1条 総則
(1)施主とゼネコンは平等で決まりを守って信じ合って契約書とこの約款と設計図書(現場説明書と質問回答書を含む)の通りにちゃんと工事をします。

(5)施主は、ゼネコンや設計事務所が、なんでそう設計したのか質問や説明の内容を見たいといったら見せてあげる。

第3条 関連している工事の調整
(1)施主は、他に人に頼んだ他の工事がその工事に影響するときは、ちゃんと調整をしなさい。そして,ゼネコンも他の工事の協力をしなさい。

第4条 請負代金内訳書、工程表
ゼネコンは契約が済んだらすぐに請負代金内訳書と工程表を監理者に出して、請負代金内訳書は、監理者に承認をしてもらいなさい。

第5条 一括下請けの禁止
ゼネコンは工事の全部やほとんどの部分を他の会社に丸投げをしてはいけません。
だけど、アパート、マンションなどの共同住宅を除いて、誰に頼むか紙に書いて施主がいいよと言えばいいです。

第7条 特許権などの使用
ゼネコンが誰かの特許権、意匠権、商標権があるものを使うときは、その責任は(材料を買ってきた)ゼネコンが負いなさい。
だけど、特許権などがあるってゼネコンが知らなかったし、設計図書に特許権などがあるって書いていないものを施主が「使いなさい」といったときは、(しょうがないので)責任をとらなくてもいい。

第9条 監理者
(1)監理者は、監理契約に書なくても、施主の代わりに次の処理をしなさい。
b.ゼネコンから出された質問状を専門的によく考えて答える。
(3)施主とゼネコンは、契約で特に何かなければ、施主とゼネコンの話し合いは原則監理者を通すか立ち会いでやる。

第10条 現場代理人、監理技術者など
(1)ゼネコンは工事の専門家の監理技術者か主任技術者を誰か決めて、名前を施主にちゃんと紙に書いて知らせる。
(2)ゼネコンは現場代理人を決めたときは施主に名前を紙に書いて知らせる。
(3)現場代理人は契約した工事の「金と工期」以外は決められる。
(5)現場代理人は主任技術者、監理技術者も兼ねることができる。

by yurikamome122 | 2015-12-07 09:49 | おぼえがき | Comments(0)