ベートーヴェン「第9への道」第11回 ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110

c0021859_6191845.gif 「第9」の2年前、1822年の作品。ここまでくるともう後期の深遠さが段違いになってくる。
 第3楽章の宇宙観はもう吸い込まれてゆくしかないのだけど、この楽章こそ「第9」へのゴールが近い事を予感させるわけです。
 PTNAの解説をすっかり引用すると以下の通り。

 第3楽章 序奏 4分の4拍子/フーガ 変イ長調 8分の6拍子、前楽章の終結和音がドミナントの役割を果たし、変ロ短調で開始されるAdagioの序奏は、レティタティーヴォにつづいて変イ短調の「嘆きの歌Klagender Gesang」となる。
 極めて声楽的な序奏に対し、主部のフーガは古い声楽様式ではなく、きわめて器楽的な様式による自由な3声フーガである。
 中間部(第114小節~)で「嘆きの歌」がト短調で回帰し、これを挟んだ後半はト長調となって主題の反行形によってフーガが築かれる。間もなくト短調へ転じ、そこから徐々に対位法的な様式から離れ、主調の変イ長調へ戻ってフーガ主題の動機展開へと発展して楽曲を閉じる。


 この手の解説には私は明るくないのだけれども、つまり、器楽レチタティーヴォ、フーガ、緩徐楽章とフィナーレの融合、器楽的要素と声楽的要素の融合と言う3つの特徴が聴かれるわけで、これこそ。。。。。以下略。
 これももう本当に確固としたものを感じながら、それでいて澄んだ世界観が真冬の星空のようなオピッツのピアノで。

by yurikamome122 | 2015-12-12 12:33 | 今日の1曲 | Comments(0)