安井式アンプの試聴が横浜ベイサイドネットでできるとMJ誌9月号にあったので聴いてみる。

 安井式の最新のアンプは7月から連載しているMOS-FETを使ったバイアスを除くとたった4石のパワーアンプ。出力は20Wと小ぶりのものを発表しておいでだった。
 それが横浜ベイサイドネットで視聴可能とのこと、MJ誌9月号の安井先生の記事中にあった。
 横浜の関内駅からも桜木町駅からもどちらからでも徒歩5分ほど。サリュートビルのエレベーターに乗りビルの7階に着いてエレベーターを降り静かな廊下に出ると、すぐのお店は、静かに音楽が鳴っている。
 お店では店長の西川さんがいつものように迎えてくれて、窓の向こうのみなとみらいの景色を眺めながらのオーディオ談義をしながら、お店は自作の好きな人にはお菓子のおうち的な面白そうなものがたくさんあって、その奥にはシステムが陳列してある。
 そこには、確かに製作記事にあったそのものが鎮座ましましていて、いくつかのスピーカーで視聴できる。
 プリアンプはベイサイドネット・オリジナルのキット化予定のプリアンプに接続されていて、聴けばこのアンプも安井テイストがたっぷりとのこと。
 純正ではないけどもかなり安井式のオリジナルに近い状態で視聴できる。
 スピーカーには、ユニットだけで10万円近くするAudio Technologyの20㎝ウーハーに、これまた1本20万もするScan-speak Illuminatorのベリリウムツィーターのシステムや近々にキット化予定の小型スピーカー。
 それに加えて、Wavecorの11.8cmグラスファイバーコーン ウーファーにDayton AudioのAMT3-4という「エア・モーション ツィーター」と言っているけど、昔ESS出だしていた「ハイルドライバー」と同じツイーターを使い、安井式ネットワークを搭載したスピーカーでも試聴ができる。

 印象は記事中にあるとおりに3次元的な拡がりと響きの充実感は出色。20Wの出力のパワー不足は全く感じさせないどころか、力強さは20Wと言う印象から受ける以上の低音の力強さにパンチ力。
 安井式ネットワークを採用したスピーカーとの組み合わせでは、静寂の中から立ち上がる音の反応の早さと残響の豊かさ、まるでその場にいるみたい。
 演奏に加えたれた微妙なビブラートやタッチも結構感じられる。ピアノを聴くと、目の前でピアノの弦を叩くハンマーが目に見えるよう。それでいて空間のスケール感が凄いし、とにかくスピーカーを意識させないし音楽がうねっている。
 音のキレと透明感、録音会場の壁反射による会場のボリューム感がリアリティーあった。
 とにかくリアリティーが凄い。
 西川店長曰く、聴き疲れがしない音とのこと。たしかに聴き疲れしないリアリティー、プロの演奏者にこそ聴いてほしい演奏の微妙なニュアンスが聴き取れる。

 スピーカーは横浜ベイサイドネットオリジナル製品は、西川店長のアドバイス込みでオーダーメイドが可能。また、このパワーアンプ、横浜ベイサイドネットでキット化を検討中。でもそれまで待てない人は製作依頼もできるとのこと。

 写真のラックの最下段が記事中にあった安井式20Wパワーアンプ、そしてスピーカーの内側が安井式ネットワーク内蔵のスピーカー。その外側がユニットだけで方チャンネル30万のシステム。ラックのすぐ傍が小型スピーカー。
c0021859_1761552.jpg


お店のリンクはこちら、お近くにお越しの際は一聴の価値あり。
横浜ベイサイドネット

by yurikamome122 | 2015-08-20 17:09 | オーディオ

EPO 「八月十七日」

c0021859_1213104.jpg もう立秋も過ぎて夏真っ盛りとは言え気がつけばもう日はずいぶん短くなっている。
でも今この時期、世間は夏休み真っ盛り。
 おかげで都会はすっかり閑散としている。
 こんな風景は結構好きなのです。
 そんなときにちょっと感傷的になったりするのは、どことなく去りゆく夏を感じつつ、思いもしなかったようないつもとは違った表情の街がいろいろと本音を語っているように感じたりするワケなのです。
 心にそんな隙を見せたとき、突然甘く切ない追憶に襲われる。出来過ぎたシチュエーションの歌。
 こんな時期だからこそなおさら胸に、心にしみたりして。

 8月の夕暮れは
 汗のひいた 日影のようね
 人も車も消えた好きな季節

 偶然と過ちは書きこめない予定だったの
 向こう岸で 手をふるよく似た人が あなただなんて

 20階のカフェテラス見下ろしたら
 会えた事が不思議なほど街は広い

 あれからいくつの恋に巡りあったの?
 今でも同じところで暮らしているの?
 夜にはどんな仲間と遊んでいるの?
 グラスの泡がこぼれた
 軽いビールに浮かれ
 恋のゲームしかけないでね
 今はトキメキだけが二人の心繋いでるだけ

 20階のパノラマに夜が来たら
 熱を持った風のままですれ違うの

 過ぎた月日を語るうまい言葉見つからなくて二人きりのエレベーター緊張してる

 お互いの行き先を尋ねたなら少しジェラシー
 別々に手を上げて拾うタクシーせつなくていい

 キスより熱い瞳に戸惑いながら 寄せては返す想いが砕ける音が
 あなたの胸の奥にも聴こえるかしら?


 東京女子体育大学の健康的な元気印のEPOが1987年に出したアルバム「Go Go Epo」のラストに入っていた曲。
 ソフィスティケートされたボサノヴァのリズムで軽快に切なく歌うEPO、大人になる引き替えに、心の危険を察知して心の窓を閉める習慣のついた今の私の、その窓をほんの少し開けさせたその瞬間をこじ開け、あっという間に切なさで満たしてしまう。
 発売と同時に買ったこのアルバムだったけど、買った当時、この歌の切なさがどれくらいわかっていたのかな。

 youtubeにあった「Go Go Epo」のフルアルバム。この中で35分55秒付近からです。



 ここから彼女のアルバムから読む20代のEPOのプロフィール。
 1983年、「VITAMIN E・P・O」で「土曜の夜はパラダイス」で失恋などものとはせず若さを武器に「う、ふ、ふ、ふ、」と人生を謳歌し、




 1984年、「HI・TOUCH-HI・TECH」の「涙のクラウン」の愛に飢えた刹那的な都会の楽しく賑やかな幸せ。これ、「オレたちひょうきん族」のエンディングテーマになったので、そのイメージが強い人もいるかもしれないけど、EPOのプロフィールの曲の一つだと思うのだよ。



 1985年のアルバム、「HARMONY」の中で、B面の1曲目だった「私について」で1980年代に20代だったEPOは自分自身のことを

 20の私に手紙を書いたら、
 幸福だったと返事が来たけど、
 一人でむかえる夜が恐いと、
 ふるえていた。


といいつつ、次のフレーズで、

 床に落とした、万年筆の、音で目覚めた。
 カゼをひくよと、上着をくれた、あなたを見つめた。

 未来の私に、手紙を書いたら、
 あて名が違うと、返事が来たから、
 明日の風をさまよう私を、さがさないわ


といい、そしてこのアルバムの最後の曲「ハーモニー」では満たされた優しい愛を歌う。

 「私について」


 「HARMONY」のフルアルバム。「私について」は21分13秒付近から、「ハーモニー」は39分10秒付近。


  「私にとっての20代は、音楽的な反抗期そのもので、ポップスなんかもう嫌だ。私らしい音楽を作りたい。そういった、プレッシャーとストレスが続く日々の連続だったんです」、「CMソングに使われた事で曲は売れ、"EPOはいつも元気な音楽を歌っている"といったイメージが、音楽ファンに広がっていったんです。しかし、実際には、この頃の私は、プレッシャーとストレスで、精神的にも体力的にもボロボロで、体調を壊す事も度々あったんです」と、「クリスマスは、女の子にとっては特別な日のはずなのに、音楽を仕事にしていた私にとっては、仕事が入る確率が高くて、毎年、友達やボーイフレンドとも約束ができなくて、大嫌いな日でもあったんです」とも後に告白していた。

 1986年のアルバム「PUMP! PUMP!」にはクリスマス・ソングの「12月のエイプリル・フール」が入っていて、この歌に関してEPOは「曲作りを始めた頃、それまで、私の中では"オンリー・ワン"だと思っていたボーイフレンドが、実は"オール・オブ・ワン"だった事が分かったんです」と告白している。


 前後するけど、アルバム2曲目「音楽のような風」で悲しみの涙を爽やかに流す夏の別れ。ライヴ映像から


 その翌年のアルバムがこの「Go Go Epo」なのですよ。
 夏休みで閑散とした都会の思いがけない再会。

by yurikamome122 | 2015-08-13 12:18 | 今日の1曲

「ただ愛に生きるだけ」、マルティーヌ・クレマソー

c0021859_15133135.jpg マルティーヌ・クレマソーと言うフランスの歌手がいて、大阪万博の頃だったかと思うのだけど、私が小学生の頃「ただ愛に生きるだけ」という歌を歌って結構はやっていたのが懐かしいのだけど、今自分の周りの人に聴いても誰も知らないのは少々残念なことだと思う。結構テレビやラジオでも流れていたはずだと思うのだけど、そう思うのは、私のすぐ近くにいたギターの好きなお兄さんのせいかもしれない。当時「天使のささやき」などと言われて結構話題になったと思うのだけど。
 クレマソー自身フランス人なのだけど、実は日本語でも頑張っていて、誰が訳したのかと思って調べて見たら、片桐和子さんという人が「訳した」のではなく原詩を基に「作詞」をしたらしい。ところでこの片桐さんは、その頃の「おかあさんといっしょ」の歌のお姉さんの片桐さんとは別人とのこと。
 はさておき、作曲は「恋はみずいろ」のアンドレ・ポップ。バタ臭さとエキゾチズムを感じる歌だった。

フランス語バージョン


日本語バージョン


 そういえば、マルティーヌ・クレマソーといえば「哀愁のアダージョ」というのもあって、これがスペインの作曲家、ミカエル・ヴァケスの作曲と言われていて、このミカエル・ヴァケスが今もって誰だか判らないのだけど、どなたかご存じ?。


by yurikamome122 | 2015-08-08 15:14 | 今日の1曲

J・W・ストール/パリ音楽院管弦楽団/ブリュメールでJ・シュトラウスⅡ、「こうもり」からチャルダッシュ

c0021859_1711230.gif 我が国で言えば、ニューブリードのバンドマスターの三原綱木がNHK交響楽団あたりを指揮して、全盛期の佐藤しのぶあたりと何かを録音するような景色と言えばよいのかどうか、歌手を見て思わず「エッ!!」と口にでてしまった。こんな録音があったんだ、えっ、マジ?。何かの間違えか?、全曲あるのかな、それはさすがにないか。
 録音のデータがないのでハッキリしないのだけど、この顔ぶれからして50年代の終わりから60年代の初め頃だと思う。
 ブリュメールというのは1950年代の後半あたりに活躍したフランスのソプラノ歌手、ルイ・フレモーやロザンタールなんかとともに録音も幾つかある。ここでは元のドイツ語ではなくフランス語で歌っている。オケは、自分としてはクリュイタンスの印象が強いパリ音楽院管弦楽団。指揮しているのはあのJ・W・ストールと言うのが驚き。
 仮に60年の録音とするとブリュメールは39才、ストールが47才。
 演奏はと言うと、オーケストラの響きが明るく都会的、どことなくオッフェンバック的な香りがしないでもないあまり粘らない、ジプシー的というのはちょっと違う表現なんだけど、ラッシュに入ると弾むリズムが洒落ていて、熱い情熱と言うよりもカンカン踊りのような雰囲気がなきにしもあらず。だけどオケも指揮者も双方が目指す響きが一致していたかどうかはもちろんこの録音から私には判りようもないのだけど、でもとはいえその響きがとっても心地いいので引き込まれてしまう。そしてなんと言ってもブリュメールのロザリンデが素晴らしい。フランス語でもドイツ語でも、私はどの道歌から意味を聞き取ることはないのだけど、フランス語が気になるかと言えばそうでもない。それよりもそのオッフェンバック的な響きにはフランス語の方が似合うのでは?。

 70年代、深夜0時になるとFM東京では今でも続いているようだけど、「ジェットストリーム」というのがやっていて、そもそも私のフランスへの憧れはここから始まったのだけど、そのオープニングを演奏していたのがこのストールだった。ヒョッとしてこのチャルダッシュの録音は年代的にはこの「ジェットストリーム」のテーマにした「ミスター・ロンリー」を録音した頃?。
 彼が本格的に活躍をし始めてしばらくして、50年代の初めに自身の楽団を結成してフランク・プゥルセルの名前でもう既に活躍していた、シャンソン歌手などの伴奏で活躍していた頃にこのスター歌手と花形オーケストラでこれを入れていたという、
はさておき、珍しいというのもあるけど、演奏もなかなか気が利いていてよろしいという、なかなかの発見であったのだけど、そもそもなんでこのメンツの指揮者のお鉢がプゥルセルに回ってきたのかが不思議な気がしなくもない。

by yurikamome122 | 2015-08-03 17:22 | 今日の1曲