プリアンプの制作 その5 電源トランスの結線とアースラインの引き回し

 安井先生のアンプの回路では、というか基板のパターン制作の段階での話だけど、アースラインを信号ラインの流れに合わせてあるのはきちんと配慮されてのことなのはもちろんのことなのだけど、ということで、トランスを2台使い、左右両チャンネル独立させるというよくありがちなものではなく、安井先生提唱の1台のトランスの巻き線をそれぞれ左右両チャンネルに振り分けるという結線方法を先ずは試してみた。それが一つ目の図(Fig.1)。もちろんなんの問題もなく動作している。
c0021859_1438228.jpg

 安井先生の回路での一つの特色であるアースの取り方なのだけど、外部からのアースもケースのアースも高周波ノイズ遮断のコイルが入れてある。これの効果が絶大なのは先に実験したとおり。
 ところで、トランスを2台使うのが高級品での一つのステータスのように感じる向きもあるのだけども、実は1970年代から80年代のオーディオ・ブームの頃、メーカー各社もこのような方法を採用して、左右独立のモノーラル構成の2in1としてクロストークと混変調歪みを改善し、音質の向上を目指すというのはよく聞く話だったし、現在でも時折採用されているやの話はよく見るのだけど、私自身、いくつかのアンプを作成した中で左右独立が単独電源に勝った例はない。
 今回、そこで一つの実験として以下を試してみた。

① 安井先生の結線(Fig.1)ちょっと変わった結線方法で、これだと巻き線は左右独立しているが、トランスの1次側は共通となってしまい、厳密には左右独立にはならない。

② 2台のトランスを各々1個ずつ左右に振り分けた、完全な左右独立型。

③ 2台のトランスのうち、1台の結線を外し1台のみで両チャンネルへの供給としてみた。

④ 2台のトランスを並列にして容量を増やしたのと同等にしてみた

⑤ 2台のトランスを直列にしてトランスにかかる電圧を半分にして、両チャンネルへ供給としてみた。

 結論から言うと⑤のトランス直列が一番結果がよかった。一番劣ったのは予想されるとおり③で、その次に劣ったのが②。
 つまり結果はよい順に⑤>①>④>②>③と言う結果。
 但し①と④に関しては僅差というか、音の傾向が違うというか、パンチと繊細さでは①、力強さでは④と言った印象。
 なんだ、安井先生のトランスの使い方がまり意味はないではないかと言うことではない。2台のトランスを使い、完全に1台ずつで左右両チャンネルにわけるよりも、安井先生の結線方法の方が結果としては全然よい。その理由は先生ご自身で記事にされている。ただトランス2台を搭載する余地があって、経済的にもそれを許すなら、可能な限り大きなものを1台にした方が、右左を独立にするよりも結果がよいということはあるのではないか。
 実はこれ、プリアンプよりもパワーアンプの方がこの差は大きかったりするのは、経験上確かなことだと思う。
 トランスを左右独立にするというのは、実はレギュレーションという意味では実はデメリットの方が多いのではないのか?。
 ところで、⑤が音がいい理由はリケージが減るからとかなんとか様々な理由を聞くけども、実際ノイズの量は明らかに減っているようだった。
 ということで、トランスの結線は⑤の方法に変更。となると、アースラインの引き回しに関しては若干の変更が必要になる。
 トランスの結線方法とアースの取り方を変更した結線図はもう一つの方。
 回路アースへはトランスの中点からに変更せざるを得ない。
 但し、ここでの音は深みのある低音と生々しいフレッシュな音楽が力強く響くようになった。 
 その他、若干の補足も図上に記しておく。
 これでプリアンプも一応完成。
c0021859_14392963.jpg

by yurikamome122 | 2015-07-30 14:40 | オーディオ | Comments(0)

プリアンプの製作 その4 その他のチャレンジ

c0021859_1743827.jpg OP-AMPによる試作アンプで様々試していて、電源周りの整流回路、安定化電源回路については、基本的に安井先生の回路がよかった。3端子レギュレターという便利なものもあるのだけど、音は安井先生が多用している単なるリップルフィルターの方が断然音の鮮度では勝っている。但しその際は電源の出力に付けるコンデンサの容量は注意が必要。
 そして整流回路から電源回路に至る所に入れるコイルと抵抗も、入れた事による効果も十分に検証できた。拡がりと低音域の力強さが一段と向上。
 あとは、ノイズ対策の一環として大胆な気がしたけども、試作プリアンプの入力端子にカットオフを50kHz位にしたCRによるハイカットフィルターを挿入。あわせてアースにはフェライトビースを入れてみた。これは大いに効果があった。音の堅さが取れてしなやかさが増してくる。
 それからアンプの出力にコモン・モード・ノイズフィルターを挿入し見たがこれも一定の効果が認められた。
c0021859_16573872.jpg それから、整流用のダイオードのシールド、能動素子なので当然多くの電磁波を出すはずという理由で試みたところ、これもやはり変化が認められた。ノイズ感が減っている。
 と言うことは、電磁波を出すパーツといえばトランス。トロイダルトランスを手持ちの関係で使っていたんだけど、元々漏れ時速が少ないというトロイダルトランスをこれもシールドしてみたらやはり効果がある。 
 この時点でたかがOP-AMPのバラックで組んだこのアンプはOP-AMPとは思えないスケール感と力強さを持った、それでいて高分解能のその録音場所の部屋のスケール感までおも再現できるものとなった。メンデルスゾーンの「スコッチ交響曲」の弦のしっとり水がしたたるような透明なウエット感、オーケストラのパースペクティヴはなかなかの再現力だと思う。

 ということで、安井式オリジナルにはないのだけども、プリアンプ部のハイカットフィルター、出力のコモンモードフィルター、それからダイオード等の能動素子のシールド、それからトロイダルといえども漏れ磁束対策は必要と言うこと、これらを盛り込むことにした。

 ケースは以前はよく使っていた鈴蘭堂はもうこの世にはなく、タカチが普通なんだけども、好みがなく、しかも値段も高くはないが安くもない。ということで、オリジナルに挑戦。オリジナルのサイズでアルミケースをタカチに発注して、それに合わせて前面のパネルを発注。それぞれ穴開け加工込みで依頼した。
c0021859_176126.jpg アンプの構成は、やはりイコライザーはどうしても入れたいので、プリアンプ部がMJ2015年03,04月号掲載のもの、イコライザーがMJ2011年03,04月号掲載のもので考えていて、それらの基板は安井先生のお世話になった。
 それらの基板のサイズとトランス、アッテネーターなどを配置する計画をして、しかも後々改造することを前提としているので、大きめのケースで45㎝×46㎝、高さが7.5㎝というもの。合計で1万5千円かからなかったように記憶している。

 これで大体揃うものが揃ったので組み立てをすると言うことになり、その際にトランスの結線とアースの引き回しにはまた頭を悩ませることになる。

by yurikamome122 | 2015-07-23 17:08 | オーディオ | Comments(0)

プリアンプの製作 その1

 先日、あるマニアが我が工房にお越しになり、安井式アンプと安井式のネットワークによるシステムを試聴された。
 「これは凄いっ!!」、その音が出た瞬間の表情が嬉しかった。
 聴き進むうちに「今まで聴いていた音は何なんだって感じ」ともおっしゃっていただいた。安井式アンプの雄大なスケール感と奥行きを感じる透明感、そして実在感を体験していただけたのはよかった。

 実は、パワーアンプの後プリアンプの安井式で組み上げている。
 パワーアンプの成功からすれば当然その延長でと言うことだし、安井先生の「プリアンプが対応していなければ音は拡がりませんよ」というお話もあり、更にその先を聴きたくなったというわけで、先だってのAccuphaseのP-6100の対決での収穫もあり、記事のオリジナルを更にブラッシュアップしたくなり、本格的プリアンプに先立ち、検証実験用にOP-AMPを使った実験機をバラックで組み立ててみた。
c0021859_15373971.jpg カップリングコンデンサは1.5µFのよくOP-AMPのデータシートに載っている極々当たり前のOP-AMPのフラット増幅回路に安井式電源を組み合わせ、(とは言ってもオペアンプ周りのデカップリングは100µFの電解コンデンサを入れてあった)パーツは手持ちを使った関係で定数も手持ちのものになっている。トランスはジャンクのよくある青い小さなトロイダルを使った。この手のトランスは多くの場合恐ろしくレギュレーションが悪い。このトランスもご多分に漏れず、出力電圧が定格で35Vなんだけど、開放状態では67Vもある。不良品かと思ったけど、データシートを見てみたらそういうものだった。それだけ巻き線の直流抵抗が大きく、つまりレギュレーションが悪い。
 はさておき、先ずはそのまま誰でもやる、つまり安井式のフィルターなしの回路での実験。OP-AMPは手持ちであったもの幾つか差し替えたけど、個人的に好みだったバーブラウンのOPA2604で実験機とした。
 この時点での音は、OP-AMPによくありがちな、カチッとした堅めの音で、そしてこのOPA2604らしく活き活きとしたパンチのある音がしている。それでいて手応えを感じる中音域の厚みも、たとえば優等生的なナショナルセミコンダクタのLME49860よりもワイルドで、音楽的なリアリティーではこちらの方が好みではあるのです。そんなわけで、これはこれで悪くはないとも思う、アナログのトランジスタアンプ的な音と言いますか、色気のある音であった。

c0021859_15491372.jpg いよいよ安井式の検証。まず、回路図で目につく安井式の特徴のコイルによるフィルターを挿入すると音は一変する。奥行きを感じて低音の力強さが増す。
 次にカップリングコンデンサに10µFの電解コンデンサを並列に接続。これは効果が確認できるまで時間がかかった、音が曇るような印象を感じなくもない。エージング待ち。
 そしてデカップリングを安井式のオリジナル通り0.033µFに変更。これが素晴らしかった。前後感の再現力が格段に上がった。但し低音の力強さが後退したような気がしなくもない。
 そこで、整流後、電源回路以前の平滑コンデンサの容量を手持ちの関係で1500µFだったものを更に2000µF重ねて合計3500µFとしてみたところ、低音の力強さが改善された。
 そんな試行錯誤をしているうちにカップリングに並列した電解コンデンサもエージングが進み、並列した直後とは全く違う響きを聞かせてくれている。
 この響きはもはやOP-AMPとは思えないスケール感に柔らかさ、しなやかさ。
 この時点ではまだパーツ類のシールドはしていなかったのだけど、簡易のシールドを施してみたところやはり音のスケール感と決めの細やかさは更に増してきた。

 ここで、OP-AMPを新日本無線のMUSE-01に差し替えてみた。この非常識に高価なOP-AMPの実力はというと、スピーカーから流れてくる音の浪々をしたスケールにはOP-AMPの私の固定概念が全くの言いがかりのようなものだったと言うことを身をもって体験をした。このふくよかさ、艶やかさ、ダイナミックな力強さは真空管と言っても誰も不思議がらないと思う。でも実はマニアは敬遠するOP-AMP。

 回路図は、どこにコイルを挿入し、デカップリングの値などがわかるように添付しておく。これは安井先生御自身が記事にしたものとほぼ同じ。
 と言うことで、ここまでが安井式のオリジナル通りの構成でアンプを組んで、安井先生のノウハウがどういう効果があるのかを一つずつ検証してみた。
 コイルや抵抗のシールド、デカンプリングコンデンサにカップリングコンデンサ、それぞれに大きな効果があったのは事実と同時に、そうたいした出費にならないところがポイントで、大胆な回路に見えないので地味な印象ではあるのだけど、こう進めていくうちに音の善し悪しは、パーツやら回路やらで決まるのはもちろんだけど、なぜそれらが音の善し悪しに聴感上影響するのかはパーツや回路が良い悪いと言うことよりもそういう影響を出させる要因は何か別にあるような気がするのです。
c0021859_15183947.jpg

by yurikamome122 | 2015-06-24 15:49 | オーディオ | Comments(0)

アナログレコードの溝をプレーヤーの針がうねうね動く様子を顕微鏡で見る ~ 今日のグノシーの記事から

c0021859_1063880.jpg これ見ると、まるで幼児に巨大ダンプを手で動かさせているような違和感のある景色に見える。しかも可聴帯域をカバー(昔あったCDー4と言う形式ではその倍以上)する音まで拾うとなると1秒間に2万回も振動していて、それを正確にカートリッジのカンチレバーの根元の磁石かコイルまで伝えるわけだ。
 実際、こんな巨大なものがこんな細い溝を脱線しないでなぞっていき、この細かな振動で発電するなんて、神業的に思う。普段使う居間の引き戸だったら絶対脱線している。
 ましてや、こんなバカげた景色によって再生される音をいいのわるいの言うことをナンセンスと感じたりしないでもない。(とはいえ、多くの場合デジタルの音源よりも確かに結果がいいのも事実。)

 ちなみに、カートリッジの針圧を仮に1グラムとしたときに、それを1平方センチに換算すると3トンくらいの力がかかったものと言うことになって、シュアのように軽いものでもそれくらい。マニア延髄のオルトフォンのSPUなんて3グラムも針圧をかけるので、1平方センチ換算では9トンというすさまじさ。
 その上、音を拾うために溝に沿って上下左右にこの針が動くのだから、それこそSPUみたいにロー・コンプライアンスだと、加速度も考慮すると、そのときに瞬間的にどれくらいの針圧がかかっているかなんて考えたら、この細い溝はよく頑張ってる。

もと記事はこちら
アナログレコードの溝をプレーヤーの針がうねうね動く様子を顕微鏡で見るとこんな感じ

 このもと記事の中にある「ワルター」時代の「ウェンディー・カーロス」の「Switched on Bach」のジャケットが懐かしい。これがシンセサイザー「ムーグⅢ」の名を世界に轟かせた。

by yurikamome122 | 2015-06-18 10:10 | オーディオ | Comments(0)

安井式40WパワーアンプとAccuphaseのP-6100の対決

 パワーアンプの製作で、安井式の選択の成功だった。
 あるイベントで、パワーアンプのみ安井式にしてデモンストレーションを行った。多くがオーディオに興味がある人しか来なかったそのイベントでは、おおむね好評というレベルではなく、足を運んでくれた人は皆一様に予想以上のクオリティーに驚いていた。
 あるマニアが「そのアンプ、貸してくれませんか」というお話。その方のお宅で、アキュフェーズのアンプとタンノイの高級スピーカと組み合わせると言う機会を得た。
 ラインナップはパワーアンプがP-6100、プリアンプがC-2420。スピーカーはタンノイのカンタベリー。
 基本的にバランス伝送で接続されていて、スピーカーはバイワイヤリングで接続されている。
 今はハイエンドはバランス伝送が常識的な流行と言うことになっている。(実はバランス伝送というのは家庭用のケーブルが長くても数メートルというオーディオシステムでは、デメリットの方が大きいと言うことをあまり知られていないのは、ものを作る側で、しかも高いものを売りたい方としてはありがたいことだと思う)
 始めに聴いた印象で、このシステムのスケール感は快感を感じさせる。
 伸びやかなきめの細かい音も色気を感じたし、ピアノの共鳴による基音より低い音も雄大に響いていて、それでいて立ち上がりがよかった。でもハイエンドによくありがちな1枚ベールをかぶった印象はやはりここでもあった。
 そんなシステムのおよそ100万円のパワーアンプとの対決なのだけど、安井式のパワーアンプはアンバランス伝送なので、アキュフェーズのプリアンプのC-2420はアンバランスの出力も装備されているのでいるので、こちらを使って接続。
 カンタベリーは能率が8Ωで96dBもあるので、スピーカーから2~3mのリスニングポジションで40Wの出力でもダイナミックレンジとしては生のオーケストラ以上の音が出せるので、全く出力としては問題なし。
 重さも大きさも全然違うこの対決は大変楽しみだったけど、結果は惨憺たるものだった。
 自宅ではスピーカーの外まで拡がっていた音場が全く拡がらないどころか奥にくすんでしまっていて、しかも詰まった印象。
 アキュフェーズできこえていたピアノのハンマーが弦を叩くその感じが全くしない。
 よくハイエンドにありがちな、スケール感はあるのだけど1枚ベールをかぶったそんな感じが更にひどくなったような印象だった。ホールトーンが自然に引かないどころか、きこえるべきホールトーンがない。
 明らかに自宅で鳴らすのとは、出張デモで鳴らすのとなり方が違う。
 実験用に用意していったコモンモードフィルターをプリとパワーの間に挿入したところ、大きな改善があったものの、それでもアキュフェーズの足下に及んだとは到底言いがたいのは変わらない。自宅で聴いたときのようなホールに包まれるような感じが全くしない。
 アンプを自宅に持ち帰りいつもの環境で試してみると、さすがにカンタベリーのスケール感にはかなわないのだけど、透明感と立ち上がりでは明らかに我が家の環境の方が勝っていると思う。
 安井先生にそのことを話してみたところ、「プリアンプも対応していないと、音は拡がりませんよ」とのこと。
 この経験は大きかった。音をよくする秘密が一つ解った気がした。
 なぜたった数メートルのケーブルに大金を投資しなければいけないのか、なぜ試聴したときと買ったときでは音が違うのか、その原因の大きなものを見つけた気がした。
 そして、それは後の実証実験でたぶん正しかった。

by yurikamome122 | 2015-06-16 05:59 | オーディオ | Comments(0)

インターコネクトケーブル自作 その2

 前回作成したインターコネクトケーブルは、それなりにと言う以上に効果を発揮したのだけど、アースがむき出しというのはどうも不安で、やっぱり絶縁した方がいいだろうと思い、どうせなら防振対策も行う事にして、何のことはない、作成したケーブルにホームセンターで買ってきた住宅の外壁ルーフィング施工に使う防水テープをケーブルに巻き付ける。
 防振用に同様のブチルゴムのテープは売っているけども、幅40mm厚み3mmで1mで500円前後なのに対し、こっちは幅50mm、厚さ1mmで10mで1000円前後。重ね使いをして、3mm稼いだとしても防水テープの方がお買い得。
 先々月まで建築屋だったのでこう言う商品は見つけるのが得意、というか損をしない。
 たっぷりあるので、やはり3枚使いをして3mm厚で先に作成したケーブルを包んでゆく。どうせこうするなら、外側のシールドはブチルゴムの外側にすれば良かった。
 そして、その外側にはベトベトするのでラップで包み(他にもっといい方法あるのかしら)絶縁用のケーブル編みチューブを被せて完成。
 改造にかかる費用は網チューブが1mあたり350円弱、そしてブチルゴムテープが1000円前後で、1.5mのケーブルの改造費が2本で2500円でおつりが来た。
 時間的には1.5m2本で大体1時間弱の作業時間。
 結果はと言えばこれは大きな効果があった。
 防振対策をした人がよく言うように、付帯音が減ってスッキリした。ひびきの一つ一つが滑らかであたたかい。それでいて透明感も増したのでホールの奥行きがメガネを拭いたように視界がスッキリして何事もくっきり鮮やか。
 各段に音の分離が良くなったので、大編成のオーケストラで弦のアップボウ、ダウンボウも、各パートの対位法的に旋律が絡まる綾とその調和、そして弦楽器になぞられた木管のフレージングがこんなにも鮮やかにきこえるというのが凄い。
 Jazzでもドラマーのスティック裁きが見えるような鮮やかさと立ち上がりの良さは大いに満足感を与えてくれたし、シンバルのスカーンと抜ける感じや、シンバルそのものの厚みを感じる充実感。またピアノが改めて打楽器だったんだと感じた。
 
 音の輪郭が鮮やかになった分、低音のもやもやも締まり、スケール感が大変素晴らしい。
 このケーブルはなんだかんだと結局2本で5000円以上かけてしまったのだけど、でも市販の3,4万円クラスを凌駕した改造前がそれを遙かに上回るものとなったわけです。
c0021859_11124087.jpg

 もともとこんなオカルト的な事には懐疑的ではあるのだけど、やはり防振対策は大事と言うことで。
 LINN SI 12/UBは我が家ではお払い箱になり、貸し主には丁重にお返し致すことと相成りました。

by yurikamome122 | 2015-03-10 11:14 | オーディオ | Comments(0)

インター・コネクトケーブル自作

 インターコネクトケーブルを自作してみた。
 通常のシールド線構造のもいいのだけど、とある先達から「シールド線はシールドしないもん」という指摘があり、つまりノーマルモードノイズはシールドされるけども、それはわりとアンプ内でも処理できる。
 問題はコモンモードノイズとのこと。そのコモンモードノイズは通常の同軸の構造ではシャットアウトできないとのこと。
 と言うことになればスターカッドが有効との教えをいただき早速試してみたわけです。

c0021859_17203760.jpg オヤイデでお買い得と書いてあった縒り線を買い、先達の教え通りに縒り線の縒り方向と逆方向に二本の縒り線を更に縒ってゆく。
 そしてプラグを付けて完成。
 結果、DACとプリの間で試してみる。
 確かに定位感と響きの滑らかさは改善されたけど、何かが失われつつある気がしたので、やはりシールドしてみた。
 平編み線を被せ、その平編み線を片方のプラグのアースに接続。なんだかメタリックな蛇のようになってしまった。本当はこれも被覆絶縁した方がよいのだろうけど、とりあえずこれで試してみる。
 シールドの結果は音に芯が出て、拡がり感が更に増した。
 平編み線によるシールドの効果なのか、平編み線による防振の効果なのかはよくわからないけど、とにかくある方のご厚意でお借りしているLINN SI 12/UBといい線いってる、というか凌駕するところもあるくらい効果絶大。(当社比)
 気をよくしてプリとパワーの間にも使ってみる。こちらは更に効果が大きかった。
 一組あたりの費用は、ケーブルを作ってなお大量に余っているオヤイデのお徳用縒り線が3000円、だけど、これはたぶん数百円かな。プラグも安物で4個で1000円。あと平編み線が1500円くらい。全部で3000円前後と言ったところ。これで3,4万クラスのケーブルが作れた。(当社比)
c0021859_17194547.jpg

by yurikamome122 | 2015-03-05 17:20 | オーディオ | Comments(0)

ニールセン作曲、序曲「ヘリオス」

c0021859_16385235.gif 今年はシベリウス、ニールセンのメモリアルイヤー。
 どちらも神秘とスケール感を私は感じるのだけども、そのなかでもニールセンを聴き込んでみると、だんだん魅力に取り付かれてくる。
 「北欧のマーラー」と言ったのは誰だか忘れたけども、もっと素朴で荒々しいように感じる。何より、そんな素朴さから感じる拡がり感に魅力を感じたりするわけです。
 そんなニールセンの中で一番初めに取り上げたいのは「ヘリオス」序曲。
 ギリシャを訪れたニールセンが、エーゲ海の日の出に感銘を受けて作曲したという曲。
 夜明けの神秘と、劇的な開放感がヒロイズムを伴い雄大に眼前に広がるようなこの曲は、ニールセンの醍醐味だと思うのです。
 演奏は、スマートで流麗なブロムシュテットはさすが。メリハリの付いたドラマが表情豊かに語られる。夜明けのところのフーガのようなところなんて繰り返されるメロディーに幾重にも重なる情景がお見事。それでまた、朝日のホルンのかっこいいこと。
c0021859_16392811.gif でも、古いトゥクセンの録音も無骨で、ヒロイズムを演出しつつ凛としたたたずまいが魅力的。


 さまざま事情があり30年来勤務したゼネコンを退職し、フリーランスに。いろいろあったけど、それが許されるようだ。
 プライベートなことはさておき、ブログもFacebookも再開。
 
 現在のシステムのLineupは、ほぼ自作でコンプリート。学生時代から憧れていた「無線と実験」誌の執筆者であられる安井章先生にご指導もいただきながら、ほぼ安井式で固めてあるのだけど、それはそこ、自作の強みで僭越ながら若干手を入れてあります。

プリ・アンプ
 「MJ無線と実験」2015年01月号、02月号掲載の安井式
  (「MJ無線と実験」2011年3,4月号掲載のEQアンプを内蔵)
パワー・アンプ
 「MJ無線と実験」2012年11、12月掲載パワーアンプ
スピーカー・システム
 先だってM氏に納品し、以前から試聴会で使っているPeerlessの830869にAudaxのW034X0の2WAYを、「MJ無線と実験」の2014年に安井先生が連載したネットワークに変更をして、更にツイーターをソフトドームからDayton Audio のPT2C-8に変更したもので、若干のユニット位置も再調整してる。
DAC
 Wolfson WM8740 24bit/192kHz
レコード・プレーヤー
 DENON DP-59L、カートリッジDENON DL-103

 豪快で雄大で繊細なリアリズム。
 世界各地のホールの雰囲気と静寂感をここに再現しているのは、世界中の名ホールにコンサートに行っているようで嬉しい。
 問題はルームアコースティックで、さまざま苦心をしております。
 というわけで、お近くにお越しの際はぜひお寄り下さい。

by yurikamome122 | 2015-01-30 16:49 | 今日の1曲 | Comments(0)