ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団でシューマン作曲、交響曲第3番「ライン」

c0021859_714799.jpg  春爛漫、やはりシューマンは相応しく、ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団で第3交響曲「ライン」を聴いてみると、アムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールの豊かな響きが、高原に吹く風のようでもあり、春の花曇りのような響きのオーケストラも結構豪快に鳴っていて、春の日差しの優しさを感じるように明るく、若葉が萌える深々とした森の中のように爽快すぎずロマン的で、自分のイメージしているこの曲そのものであるのです。

 シューマンのこの交響曲が、精神を患っていたがデユッセルドルフに赴任してかの地の明るい雰囲気の中、シューマンの気分も良く(そんなことはないはずだ、この時期の日記にも家計簿にも体調のかなり悪い記述がけっこうある)書かれたとか、3拍子の第1楽章がどうも「ずん・ちゃっ・ちゃ」にならずに2拍子にきこえ、リズム的にどうも居心地が悪い(これこそまさに様々に変化するライン川の水面の波のようではないか)とか、シューマンは管弦楽法がどうも苦手のようで、響きに色彩感がない(これは管弦楽法がヘタなのではなく、シューマンが意図的にそうした感じがなくもない、だんだん管弦楽法が熟達してきたはずの後年の作品の方が管楽器を塗りつぶす傾向があるように私にはきこえる。第4交響曲の改訂などはもう一聴瞭然、明らかに改定する前の方がスッキリしている。ガーディナーによれば、このシューマンの響きの重さは近代の大きすぎるオーケストラ編成のための響きのアンバランスが原因だそうだ。百歩譲って、もし響かないオーケストレーションだとしても、この演奏を聴けば感じるだろうゲルマンの魂である森の中の木霊そのものではないか。いずれにしても私にはシューマンがああいった響きをオーケストラからだそうとしていたのだと思う。)、そこでマーラーやワインガルトナーなどが楽譜に手を入れて、もっと聴き映えのする響きに変えて演奏していたなど、それらは恐らくは、そこいら中で語られていて、ゴールデンウィークまっただ中、春の心なしかハイな気分にはそんなよく聞かれる話に思いを馳せてもつまらないので、この作品が、この曲を作ったシューマンがのみ込まれていたロマン主義を時代背景とともにちょっと調べてみた。

 前期ロマン派と言っていいのかどうかわからないけど、結構メンデルスゾーンなどとひとくくりにされやすいシューマンはこの曲を書いたのが自由貿易の開放的な雰囲気に満ちていたかどうかは知らないけど、ハンザ同盟都市のデュッセルドルフの音楽監督に招かれた1850年、フランス革命から61年が過ぎている。
 7年来患っていた精神疾患が悪化し医者のすすめでドレスデンに移り住み、もう既に「タンホイザー」を発表済みだったドレスデンの宮廷楽長ワーグナーとも親交を結ぶも、ワーグナーが2月革命(バスティーユ襲撃からもう60年以上過ぎても、その余波はまだ収まっていないのでした)に参加しスイスへ亡命してしまい、シューマンの身辺が不安になったその後のことになる。
 シューマンをブラームスが訪ねる3年前で我が国ではペリー提督の黒船来航の3年前のこと。その頃のヨーロッパの文化はとロマン主義の恵みに溢れていたて、シューマンがこの曲を作ろうとしていたその頃は、後期ロマン派はもう彼の真後ろに並んでいたのでありました。
 ロマン主義は18世紀半ばに興った産業革命とフランス革命という変化に端を発すると言われている。
 産業革命による技術の発展でプロメテウスの火のように合理主義の追求で神をも恐れぬ大きな夢を見た人々は更に徹底的に合理性を追求し、さらなる夢を追いかけ鉄道や蒸気船などが生まれ人々の生活は激変の一途を辿る。しかしながら、その産業革命は農村の手工業に大打撃を与え、大都市に労働者として流入していき貧民街を構成するようになった。 科学の進歩や技術の発展は決して純粋に良いものとは考えられなくなっていった。
 政治的にも「自由・平等・博愛」を掲げたフランス革命の生んだ恐怖政治や、ナポレオンという独裁者の出現と言う矛盾(今のアラブ・中東情勢そのものではないか。彼らが平和と成熟をものにするには彼らの中で大きな戦いを経つつあと100年はかかるかも知れない。だけどその間にロマン主義のような稔りもあるかも知れない)がヨーロッパにロマン主義を起こす引き金となった。
 ロマン主義は冷徹な理性よりも、人間に本来自然に備わっている感情を重視し、それを空想的、夢幻的、牧歌的な世界への憧れという形で表現しようとする動きのこと。音楽においては、合理的仕組みを確立したのはバッハやハイドンで、古典派によって合理的、理性的、客観的音楽が確立された。その後にフランス革命などに触発されて、あるいは教会や王侯貴族から解放されて感情的、主観的、幻想的音楽、ロマン派の音楽の登場となり、音楽家が職人ではなく芸術家へと移行することにもなったというわけで。
 そしてそれが、ローマ帝国やその後以降の覇権争いも含んだヨーロッパ統一への動きから、民族・言語・領土の神話へのローカルな情熱へとベクトルが向かう。古典主義からロマン主義へ、即ちそれまでの古代ローマや古代ギリシャではなく、中世こそに彼ら独自のルーツがあるのだと言う思想への傾き、現代まで続くヨーロッパ分断の始まりになるのだけど、その結果音楽もローカライズされたものが徐々に増えてゆく。たとえば楽譜の楽想の表記も、シューマンは第2交響曲まで使っていたallegroやandanteにようなイタリア語表記をこの曲の前あたりからドイツ語表記に変えた。
 そして、その後は、「標題音楽」と「絶対音楽」という大変ロマン的な論争が起こり、シューマンと親交が深かった絶対音楽派のブラームスはシューマンの後押しで世に出る。そして、絶対音楽派の旗手となる。表題音楽派の旗手ワーグナーの「タンホイザー」をシューマンは盟友のメンデルスゾーンに酷評した。(ワーグナーもシューマンの音楽にはメロディーがないと酷評していた、メロディーがないって?、ブラームスを擁護していたウィーンの評論家ハンスリックがブラームスにちらりと言っていたおねだり「もう少し、もう少しだけメロディーを」と同じじゃないか)
 シューマンは、今回の曲のような交響曲を作りながら、どちらかというと彼自身絶対音楽派だと思っていたのかも知れない。
 ちなみに蛇足だけど、シューマンはワーグナーの「タンホイザー」の上演を後に接して評価に転じたとか。そしてワーグナーもシューマンに「あなたのピアノ五重奏曲はとても好きです」なんて書いて送っている。
 二人が会ったのはこの曲を書き上げる1年前、1849年シューマン39歳の時にワーグナーがドレスデンでベートーヴェンの「第九」を指揮した時に会ったのが最後だったそうだ。
 ブルックナー25歳、ブラームス16歳、マーラーの生まれる11年前の話。
その後に彼らがロマンを追い求めているうちに、植民地政策の失敗や民族紛争などにより国家間の格差はどんどん広がり第1次世界大戦の火薬の臭いがもうあたりにそこはかとなく立ちこめる頃になる。

by yurikamome122 | 2015-04-30 16:18 | 今日の1曲

ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の82年の録音で、マーラー作曲、交響曲第7番

c0021859_6433237.jpg 全集を通して聴いて、やはり気になってコンセルトヘボウ管弦楽団での再録音を聴いてみた。
 69年の全集盤と比べると、曲の彫琢が進んで、より深々とした世界が拡がっているこの曲の演奏で、その神秘的な深みは、まるで漆黒の大宇宙に時には吸い込まれるような、時にはそこいら中に煌めく星屑を眺めるような、時には不気味な気分に憂鬱になるような、そんな風になりながら宇宙をさすらうようなロマンティックな気もしてくるのでした。
 各楽章様々のごった煮のようなこの曲で、ごった煮になった様々な表情の音楽に身を任せて流される心地よさと幸福感。
 コンセルトヘボウ管弦楽団も以前より芳醇で熟成された深い響きをしていると感じる。
 深くくらい響きの中で不思議な暖かさと拡がりを感じるのがこの頃のコンセルトヘボウ管弦楽団だった、まさにその響き。
 これをしてこの録音が出たときの評論家達や大方の評価も、私自身もつい少し前まで音楽的ハイティンクの成長と捉えていた。
 成長と言えば確かにそうなのかも知れない。でも全集を聴き通して改めてこの演奏を聴くと成長と言うより率直だった彼が恣意的になったと感じなくもない。曲に率直に情熱的に向き合っていたのはむしろ以前の録音だったと感じなくもない、私はそう思う。マーラー演奏の伝統のある、恐らくは世界で一番初めにマーラー・オケとなったコンセルトヘボウ管弦楽団でハイティンクの情熱で率直に(これが誤解を招いた、たぶん。彼は何もしていないと、そして何もできない能なしだと)マーラーを表現した全集盤はそれはそれで充分に聴き応えがあったと言うのが私の感想。
 でも、82年のこの演奏は以前の録音から13年を経て、コンセルトヘボウ管弦楽団に21年在任してオーケストラと完全な一体感(と聴き手の私は少なくともそう感じる)で壮年期の53歳のハイティンクが表現しようとしたこの曲の世界だったのだと思う。ハイティンク個人がより強くこの演奏には刻まれていると思うのです。これはもう世界観が違った演奏ではないのか?。これはハイティンクの臭いがする演奏だと思うのです。
 私はハイティンクを誤解していた。70年代後半から80年代、ハイティンクを数少ないハイティンクを評価する評論家の小石忠男さんも「多くの演奏家の場合、再録音しても旧録音の存在意義を失わない場合が多いが、ハイティンクの演奏は必ず再録音したものの方がよいと感じた」と書いていた。ひょっとして小石さんもハイティンクの演奏を正当に評価していたわけではないのかも知れない。
 そしてそれをもっと魅力的にしているのが当時のPHILIPSの録音陣。コンセルトヘボウ大ホールでの豊かな残響がこの曲にピッタリ。自然なパースペクティヴが部屋いっぱいに拡がる驚異的な名録音。たぶん録音もハイティンクの意図する表現に合致したものなのだろうと思う。なんでって、あまりに魅力的すぎる演奏の録音だから。

by yurikamome122 | 2015-04-13 10:10 | 今日の1曲

ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団でマーラー交響曲全集

c0021859_1332641.jpg この全集は美人の薄化粧のような演奏、それもとびっきりの美人の。
 何が美人かは、もちろんマーラーだしアムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールで響くコンセルトヘボウ管弦楽団だし、ピチピチして活きの良さはもちろん30代から40代前半のハイティンク。
 豊満で爛熟した色気をまき散らす演奏も悪くはない(ハイティンクも後年の録音ではそうなっていた)し、ピリオドのアイディアを取り入れたすっぴんのロリータ趣味のマーラーもそれはそれでありかも知れないけど、若さと気高さを備えてナチュラルなこの演奏の魅力は取り憑かれると虜になりそう。
 古い録音で、一番古い録音は1番の62年、コンセルトヘボウ管弦楽団就任後2年目のハイティンク弱冠33歳。
 LP全集では第1番は恐らくはこの全集用に71年の8番の8ヶ月後に再録音された72年録音が納められていたので、CDで全集を出すにあたりなぜLP全集で一番録音が早かった3番の4年前の62年が収録されたのかは不明なのだけど、若さが前面に前に出たような62年のこの録音もなかなかの聴き応えで、なんと言ってもこの録音の魅力はオケの美しさ、響きの深さ、そして合奏の素晴らしさ。いろいろな音が全てジャスト・オン・タイムで響きが空間に音で構築物を作る、そして次々現れる建築物の偉容は聴く方の悦びがわき上がり、これがアムステルダムのコンセルトヘボウ管弦楽団だった。
 69年録音の7番は後に82年に再録音するものも魅力的なのだけど、こちらも輝かしい。
 70年録音の5番の冒頭のショッキングな響きはこの楽団のものだと思うし、5楽章の構築的な音の流れはホールの響きの中でドッシリと組み上げられてゆく。
 3番や4番など高い合奏力の美しさと響きの深さの中で、ハイティンクがごく自然に音楽を彫り刻んでゆく。
 2番や8番などの合唱が大規模なものは録音のプレゼンスが自然なのでホールに響く大合唱団のスケール感と繊細さに圧倒されるけど、表情は瑞々しくいかにも自然。

 ハイティンクのマーラー全集は国内でLPで発売されたのが76年以前のいつだったか忘れたけどそのあたりだったと思う。その頃の評判はもうハイティンクは最悪で、能なしの毒にも薬にもならない、コンセルトヘボウ管弦楽団の伝統を全てひとりでぶち壊した大罪人のような言われ方をしていて、その彼が66年から72年まで6年掛けて録音した全集。
 あの頃マーラー全集など、もう全員亡くなったけどバーンスタインの旧盤、クーベリック、ショルティ以外はこの今日唯一存命のハイティンクしかなかった。大体全曲聴こうなどと言う酔狂な人はそう多くなかったし、国内でたとえば7番など実演で聴いた人は生きてる人は3000人いなかったのではないか?。
 その頃にこの全集をこのクオリティーで作った心意気、それがそっくり演奏に現れている全集だと思う。

 ただ、たぶんこの全集を評価するかどうかは、背景とのコントラストと薄化粧の美人を肌のきめ細かさまで聴けるかどうかが大きなアドバンテージになっていると思う。

 さてさて、こんどはこれからレスピーギ聴かないと。

by yurikamome122 | 2015-04-12 13:04 | 今日の1曲

ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の81年録音で、ブルックナーの交響曲第9番

c0021859_2211391.jpg 先だっての全集の録音が65年の録音なので16年後の再録音。ハイティンクの成長とよく言われたのだけど、演奏を聴いてみると表現しようとする方向が違うように感じる。
 確かにきめ細やかさや響きの芳醇さなど、あの頃聴けなかったものはたくさんあるのだけど、それらを手にしたハイティンクがどんなものでも表現できそうな深みを感じる演奏をしていて、ここにきこえた世界観は漆黒の宇宙の彼方からきこえる神秘的で吸い込まれそうな澄み渡った世界。
 若かった頃、アグレッシヴにこの曲を攻めて、荒々しい岩山の頂で、雲間から稲妻が光り轟く雷鳴の中、雷に打たれるような世界とは全然違う。それはそれで圧倒的で、やはりブルックナーの世界だと思ったのだけど、81年のこの録音の深遠さ、静けさ。アダージョ楽章など自分一人乗り込んだ宇宙船がどんどん地球を離れて、家族や社会に囲まれた日常から乖離していき、美しい輝く星の彼方へと吸い込まれてゆくようで、そこで拡がる圧倒的な大パノラマに日常を去る名残惜しさや寂しさが入り交じったような切なさと。
 やはりこれは、ハイティンクの成長ももちろんあるけど、どちらの表現も可能だったこの曲へのハイティンクのアプローチの変化と感じるのです。
 そしてそれがコンセルトヘボウ大ホールの豊かな響きを捉えた録音が優秀で、そんな演奏を、まるで宇宙が鳴り響いているようにきこえる録音なわけなのです。
 今、改めて聴いて、この曲の違った面を同じ指揮者の同じオーケストラの演奏から聴くことができて、私にとりこの曲の魅力が拡がった気がするのです。
 そして、この頃のオランダのPHILIPSの録音スタッフが優秀だった。彼らの知り尽くしたこのホールで、これだけの臨場感の録音も凄い。
 演奏も録音も魅力ありすぎの朝から泣ける1枚でありました。

 あ、でもこれからハイドン一生懸命聴かなきゃ。

by yurikamome122 | 2015-03-23 10:48 | 今日の1曲

ハイティンク指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団でブルックナー交響曲全集

c0021859_1947939.jpg 昨日、今日はアトリエにこもりきりで明日、明後日、来週の水曜日の講義の勉強をかぶりつきで、その間、ハイティンクの1回目のブルックナー全集を0番から9番まで通して聴いてみた。
 ハイティンクは若かった。1番古い3番を録音したのがコンセルトヘボウ管弦楽団に就任して2年目の弱冠34歳。最後に録音された1番が43歳。
 後に80年代に再録音した7番から9番の演奏からきこえた世界観とは全然違う。
 豊かな響きのアムステルダムのコンセルトヘボウ大ホールを鳴らしに鳴らし、気の温もりを感じる暖かい響きの木管がさえずるなか、情熱が煮えたぎる弦が熱く歌い、アグレッシヴに金管が吼え、スペクタキュラーに熱く情熱的に、強烈で威圧的で圧倒的な演奏を聴かせている。
 7番や9番のスケルツォ楽章などは、もう溢れんばかりの感情むき出しの地鳴りのような演奏。ハイティンクのうなり声も聴ける6番も滑らかなフレーズに込められたハイティンクの熱いパッションを感じたりもする。
 激しいこれらの演奏をしていた頃は、ハイティンクはまるでバカかチョンのように罵られて、能なしの木偶の坊扱いだった。みんななにを聴いていたんだろう、なかなかどうして、恐ろしい指揮者ではないか。
 この演奏から聴けるのは30代から40代にさしかかったハイティンクの野心と信念のような気がする。9番の1楽章のコーダに加えたティンパニの強打は、私にはその現れにきこえる。
 採用している版は後年の録音のものと一緒のようで、でも1965年に録音された9番でも80年代の録音で聴かれる1楽章のコーダのティンパニの強打はもう早くもお目見えしている。
 この強打は一体どんな根拠があるのだろう。
 それにしても、でもやはりこの9番も8番も7番も聴き応えがあるのはこのオーケストラの美しさとハイティンクの響き、うたいまわし。
 ハイティンクはこの頃、たぶんブルックナーにウムを言わさない圧倒的な絶対神を感じていたのかなとも思った。
 でも後年のこの作曲家から神々しいまでの深々とした拡がりを感じる演奏をする彼の源流はこの録音のもっとも早くに録音された第3交響曲、第4交響曲に感じる憧れのようなものに感じたりもするわけです。

by yurikamome122 | 2015-03-20 19:47 | 今日の1曲

ブルックナー作曲、交響曲第8番をハイティンク指揮、コンセルトヘボウ管弦楽団の81年の録音で

c0021859_2201036.jpg ハイティンクがこの曲を公式に録音したのは何種類あるのかはよく知らないけど、このコンセルトヘボウ管弦楽団で3種類、あとはウィーン・フィル。ドレスデンのシュターツカペレ、あとシカゴ交響楽団やロンドン交響楽団ともなかったかどうか。
 でも81年録音のこの演奏が一番好きなのです。
 オケと指揮者の一体感と言いますか、オケのニュアンスの細やかさというかデリカシーというか、そのあたりここまでくるともうエクスタシーの領域ではないのかと。
 落日の夕日を見るような充実感とやるせなさと、そして懐かしさと。
 響きが途切れるときの込められた想いとか、フレーズの呼吸の生き物のようなぬくもりとか、様々な表情の旋律の綾がいろいろな光を帯びて紡がれてゆく、その立ちのぼるような神秘とか、そんなのは巨匠ハイティンクでも天下のウィーン・フィルを手兵としても、あのドレスデンのシュターツカペレを持ってして、そしてその後にこの楽団に客演したときの録音でもここまでの完成度は結局再現できていないのでした。
 豊かな響きのホールと一体になった、全部がツボにハマった美しいオーケストラの響きは、暗く、重く、そして深い。
 この地上に確かにあった、指揮者とオーケストラの理想的な一体感が音楽を聴いてブルックナーの重厚な神秘の響きに包まれる幸せを味わえる録音を残してくれたことに感謝と、追憶の彼方の記憶を呼び戻すような切なさに包まれる演奏でありました。

by yurikamome122 | 2015-02-21 22:00 | 今日の1曲