ベートーヴェン「第9への道」第6回 「合唱幻想曲」を征爾さん指揮のBSOとR・ゼルキンで

c0021859_22103312.jpg 「第9」のあのメロディーは先に紹介したように1794年、24歳の時にベートーヴェンが初めて扱って、この同じメロディーが出てくることで有名な合唱幻想曲でもう4曲目と言うことになる。
 合唱幻想曲は1808年、38歳の時ベートーヴェン自身(結局様々な理由で実らなかったけども)婚約もし、創作に精力的に活躍していた頃。あの「運命」「田園」と同じ年の作品と言うことになるわけで、詩の内容もあのコミックオペラのメロディーが劇的に登場して最後を盛り上げる曲なわけです。
 初演は1808年12月22日、「田園」や「運命」などと一緒に初演された。と言うより半月くらいで急ぎ作曲して取って付けた。だからかどうかわからないけど、この曲はベートーヴェンらしい構成力が散漫だと言うことが言われるらしい。彼はモーツァルトではなかった。
 急ぎ作曲したこの曲、その急ぎすぎは初演の失敗の原因はそこにもあるようだ。
 はさておき、以前にも一度アップをしたけどその時のプログラムをもう一度ここに載せてみる。

公演日:1808年12月22日(木)
開演:18:30
会場:アン・デア・ウィーン劇場

交響曲第5番ヘ長調「田園」
  (初演時は「運命」と「田園」の番号が反対だった)
アリア "ああ、不実なる人よ"(作品65)
ミサ曲ハ長調より、グロリア
ピアノ協奏曲第4番

~~休憩~~

交響曲第6番ハ短調(現在の第5番)
ミサ曲ハ長調より、サンクトゥスとベネディクトゥス
合唱幻想曲

 こんな凄い曲の初演目白押し。
 「田園」でコンサートを開始して天国のような第5楽章のあと歌曲をはさみ、神の栄光を讃える、そして静かな三連符の同じ音で始まる第4ピアノ協奏曲のリリシズムで前半の終わり。
 休憩を挟みその第4ピアノ協奏曲のあの三連符の静かなピアノの出だしが今度は大オーケストラの強奏で、誰かが言った運命が戸を叩く。
 そして意志の力による輝かしい勝利に神への感謝を捧げて、合唱幻想曲。

  快く優しく愛らしき響き
  我らが生のハーモニー
  美の感性を揺り動かして
  花を咲かせる、永遠の花を
  平和と歓喜、親しげにすべり出す

 芸術賛歌でコンサートを締めくくるという、なかなか面白いコンサートではあったのだけど、中味濃すぎ、しかも長い(恐らくは4時間以上はかかってであろうプログラム)、そして寒い、そのうえ取って付けて急遽作曲した「合唱幻想曲」をベートーヴェン自身が演奏を間違えて最後まで修復不可能のままコンサート終了という、結果はもちろん大失敗。

 でも、この流れここでの合唱幻想曲は明らかにこのコンサートの「田園」に対するところの「運命」交響曲の第5楽章的位置づけに思えたりもするけど如何なものだろう。
 前半の「田園」も曲の始まりからゆったりとした「田舎に到着したときの晴れやかな気分」で音楽の流れは決まる。そして「小川のほとりの情景」への流れは「運命」第1楽章で掴み、そして第2楽章でそれをうけて、第3楽章は「田園」も「運命」もスケルツォ。第4楽章は嵐が来て晴れてゆく「田園」に運命の勝利する「運命」。そして「田園」の第5楽章、「喜ばしく感謝に満ちた気分」はこの初演時に演奏された「運命」では神への賛美をはさみ「合唱幻想曲」ではあのコミックオペラのメロディーで高らかに芸術賛歌を歌い上げる。
 ドンピシャでしょう。
 つまりは後半だけで一つの交響曲であったわけですな。

 ところで、交響曲に合唱を入れるというのはこれらの初演の2年前、ゲオルク・フォーグラーという中部ドイツ出身の司祭でオルガニストがBayrische nationale Sinfonie(バイエルン全国民の交響曲と言う訳でいいのかな?)という交響曲に合唱を取り込んで既にお試し済み。ベートーヴェンが「第9」で初めてやったわけではない。
 ちなみに、このフォーグラー神父、携帯オルガンの即興演奏で欧州からアジア、アフリカを旅をしてドイツに戻り、ウェーバーやマイヤーベアなどを育てた。

 演奏は、小澤征爾さんとR・ゼルキンの演奏を聴いてみたけど、オケの巧さはさすが、多少指がもつれ気味のゼルキン翁はそれでも深い芸はつい引き込まれてしまう。
 あたたかく、そして深みのあるこのピアノ、この曲が本当に言い曲だったんだって言う気になってくる。
 そして征爾さん指揮のオーケストラ、征爾さんの響き、あの頃よく親しんだ響き、これが大好きだったのに。

by yurikamome122 | 2015-12-07 23:59 | 今日の1曲

小澤征爾指揮ボストン交響楽団でマーラー作曲、交響曲第1番「巨人」

c0021859_16574316.jpg 学生時代、マーラーにハマりにハマって寝ても覚めてもマーラばかり聴いていた頃、クラシック音楽ってこんなにも心地よくってドラマチックで熱くて、そして宇宙的だったんだって思った。
 そう思うとベートーヴェンはおろか、ハイドン、モーツァルトなんて幼稚園の遠足のようで面白くも何ともない。
 音楽のそんな聴き方をしていたあの頃、マーラーのスペクタキュラーで広大で目眩く世界を目の当たりにしながら身悶えるような官能に酔いしれながら聴いていたこの演奏。
 ボストンシンフォニーホールの芳醇で豊かな残響に征爾さんの指揮する高原の朝のような爽快な演奏は瑞々しくも颯爽として、そしてドラマティックで、あの頃の征爾さんのうねるような指揮ぶりに憧れて、そう、まさに嵐を呼ぶ指揮者だった。
 そんな征爾さんが目一杯詰まったこの1枚は今聴くと演奏もとっても素敵なんだけど、それに加えてあの頃を思いしだしてグッとくるものがある。
 あの頃の友人に30年ぶりに明日会える。
 そして、私たちが暮らした福島県は、まだまだ苦労が多いのでした。

by yurikamome122 | 2015-02-13 16:58 | 今日の1曲