ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会_c0021859_22120834.jpgベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会
公演日:2021年10月02日(土)
開場:18:00
開演:19:00
会場:フィルハーモニー
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

ブルックナー:交響曲第5番
途中休憩なし

座席 左側Dブロック1列2番

 何せ曲が曲だし、オケがオケだし、指揮も指揮だし、期待するなという方が無理というもので、6月に聴いたこのコンビのシベリウスにブラームスがいろいろな気づきもあり、それになんと言ってもこのブロムシュテットには91年だったと思う、ブルックナーの4番やブラームス、モーツァルトなどで忘れられない、今でも鮮明に覚えているもの凄かった演奏がある。
 ホールに向かい、コロナ・チェック及び、ワクチン接種のアプリの確認に、チェックインの操作を行い、開演1時間前にホールに着いたけど、それらの手続きに時間を取られて入館は開演20分前となってしまった。
 今回は前回と違い、バーも売店も開いている。全席売り切れの満員盛況だけど、その年齢層がどうも40代の後半以上が多いように思える。1週間前に行ったコンツェルトハウスのブルックナーの2番とは随分違う年齢層だった気もする。
 案外、みんな私同様か、それ以上の年代の人にこの指揮者の支持者が多いのかと。旧東ドイツ時代のドレスデン時代の彼を慕っている人なのかなと。つまり、今回の客席はかなり高齢化している印象だった。事実、4楽章の途中で倒れる人まで出た。

 は、さておき、オケは、14-14-13-11-7だと思う、冒頭からビブラートなしの透明な響きで、ビシッと決まったまるで一つの楽器が奏でているようなピチカートもさすがにベルリン・フィルだと思う。弱音でも失われない響きの透明感と強力なブラスセクションに負けていない弦楽器群もさすがで、この安定したトルクは世界の超一流だと思う。特に金管の弱音の美しさは素晴らしかった。未だにカラヤン時代のあのDGの録音を通して聴いたあの音が、響きが目の前で鳴っていた。
 そんなオーケストラのせいなのか、それともオーケストラのどの楽器も目で見えるような客席の配置のこのホールのせいなのか、それともブロムシュテットの指揮のせいなのか、とにかくいろいろなことが起こっているこの曲の、音符がいっぱいで響きが厚いこの曲で、その中から一つ一つ、まるで手に取るようにいろいろな音が聞こえてきた。
 割と快速なテンポ運びの演奏でもあり、それでいて小径の脇の花や、突然開けるパノラマを前にするような、全く暇になることのない、まるで様々変化する森の散策のように楽しいひとときでもあり、これが、この道程がブルックナーを聴く楽しみだと思う。そして、改めて、今更ながら各楽章の主題の関連性とか、その変化とか、極めつけは4楽章のフーガの、あの執拗に折り重なる主題がやがて発展してゆき、救済に至る道のりは鳥肌ものだった。
 ラストの大轟音の中上昇音型のトランペットのファンファーレに送られて天に昇るあのかすかに聞こえるフルートも、ここはまさにこうあるべきと思う。
 終演後はカーテンコールで、ステージに戻ったマエストロに客席とともに拍手を送る天下のベルリン・フィルの面々たち。まだまだ続く拍手をする帰らない総立ちの客席に応えて、オケの引いたステージに一人カーテンコールに応じる老巨匠の人気の高さと客席の興奮は凄まじかった。

 でも、でもなんですよ。ブロムシュテットは老いたなって思う。演奏にエッジが甘いのですよ。呼吸感が緩いのですよ。
 もちろん立派な演奏だし、様々な新鮮なことも多かったけど、ブロムシュテットはこうではなかった。もっとフレーズが穏やかに優美に響いていたし、アインザッツも様々な表情でビシッと決まっていたはずだ。それに、ブロムシュテットはドレスデン時代からもっとディティールにこだわった、きめ細やかなツメの細部まで行き届いた中で、その神経質さを全く感じさせない、響きの秩序を支配する指揮者の存在すら消してしまうくらい自然に、おおらかな全体の響きや流れで音楽を聴かせていて、その人為を全く感じさせない流れのせいかどうか、もっと内面的な表現の幅が今回聴いたより10倍くらい大きかったはずだったと思う。
 特にブルックナーでは大自然の秩序を感じさせるようなその緩急と流れの息づかいに自分の呼吸がシンクロしたときに、ブロムシュテットの演奏は、聴き手のインスピレーションを刺激して奇跡を目の当たりにしたような体験ができるはずなのに。でも、その行き届いた印象がなかった。ブロムシュテットのコントロールが行き届いているようには聞こえなかった、少なくとも私には。
 曲が曲だけに、オケの威力もあるだけにズシリとくるのだけど、でも、そのコントロールの隙に、ときおりカラヤンやアバドが見え隠れしている。
 確かに4楽章の最後は立派でしたよ。もちろん感動もした。いや、凄かった、涙が出るほど。
 それが何か?。だって、ブロムシュテットでなくともこんな体験はできるんだよね、この曲では。

 これはブロムシュテットではないなぁ、残念ながら。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会_c0021859_22262567.jpg
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会_c0021859_22270972.jpg
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 2021年10月演奏会_c0021859_22275761.jpg


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

# by yurikamome122 | 2021-10-06 22:34 | コンサート

ベルリナー・フィルハモニカー 2021年6月演奏会

ベルリナー・フィルハモニカー 2021年6月演奏会_c0021859_14312669.jpgベルリナー・フィルハモニカー 2021年6月演奏会
公演日:2021年06月11日(金)
開場:19:00
開演:20:00
会場:フィルハーモニー
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

シベリウス/交響曲第4番
ブラームス/交響曲第3番
途中休憩なし

座席 右側Cブロック3列3番

 今日現在93歳のブロムシュテットは元気だったし、演奏がすごかったのはオケと指揮者の共同作業。今までどうもしっくりこなかったシベリウスの4番のフルートがこんなに目覚ましかったなんて、金管楽器の強奏にも負けない分厚く変幻自在の弦楽器群は素晴らしかったし、澄んだ木管は孤高を響かせていた。輝かしいトランペットに荘厳なトロンボーン、雄大でデリカシーに満ちたホルンは皆雄弁だった。そこに決然とした意思を示す打楽器の鮮やかさ。
 ブロムシュテットの指揮は音が拡がって響く。80年代にドレスデンのシュターツカペレで信じられない演奏を披露してくれたあのコンビ、いくらあのシュターツカペレとは言え、あの広がりはブロムシュテットの時しか聴けなかった。その後にサンフランシスコ交響楽団とともに来日したときもスペクタキュラーに外に拡がっていったスケール感が開放的で清々しかった。あのときは50代後半から60代にさしかかった彼だったけど、今日は90代の彼、やはりそのスケール感は健在で、大きなスケールと開放感、そしてさらに感情に直結する絶妙なバランス感覚と呼吸感にはしてやられた。
 今日初めてシベリウスの4番が腑に落ちた。シベリウスの苦悩と、それを包むフィンランドの大自然が迫ってきた。雄大な自然の冷たい空気感と寂寥感に苦悩、こう言う自然の中でシベリウスは悩んでいたんだ。こう言う曲だったんだ、この曲は。感動的な前半だけでも得した気分になり、曲が終わったあとの金縛りのように静まりかえった会場。やがて指揮者がゆっくり手を下ろしても続く静寂は素晴らしかった。
 休憩なしで後半のブラームス、ものすごい情報量の演奏だった。快速の清々しいテンポで進むこの演奏には音楽が拡がり、ささやき、そして語りに合わせた絶妙な呼吸が、本領発揮の大音響の中に、あのカラヤン時代から聴かせる弦の透明感も織り交ぜながら多彩な響きの綾が幾重にも連なり、しかし、立体的に様々織りなす旋律と響きはあくまで透明で、私にはそこに感じるのはドラマではなく、空間だった。
 素晴らしい1楽章の出だしから思わず感極まってしまい、気力充実の展開部の入り、そして再現部の冒頭の輝かしさ。2楽章の情景の豊かさはオーケストラの表現力の賜。気品に満ちた3楽章はメランコリックになりすぎない清潔感が単なる人間的演奏とは明らかな1線があったと思う。この品格があっての終楽章、大きな広がりを持った深遠な演奏だった。この曲にはこう言う世界もあったんだと。
 終演後のカーテンコールでは会場総立ちで拍手を浴びていたオーケストラとブロムシュテット翁。素晴らしいものを聴いた。もう当分この2曲は聴きたくないな。この印象を大事にしたい。
 恐らくはゲヴァントハウスとのブラームス全集の録音に合わせての選曲と言うこともあったのかもしれない、となると、ブラームスの4番もこれから楽しめるかもしれない。
 もしもチャンスがあるなら絶対モノにしないといけない。
ベルリナー・フィルハモニカー 2021年6月演奏会_c0021859_06430641.jpg
 開演が午後8時と遅いけど、日没が今日は午後9時半なので、午後8時でもまるで日本の午後3時くらいの明るさ。会場を出たのが午後9時20分頃だったので、まだ日没前で明るかった。
 今月から聴衆を入れてのコンサートを再開したフィルハーモニーだけど、会場ではコロナチェックと身元確認は必須、そして一人空けての座席の販売となっていて、、しかも会場内はトイレと案内以外のサービスは一切なし。そして、途中休憩もなし。それでも開演前に会場アナウンスがはいると客席から拍手があった。みんな待ってたんだ。 

 ところで、オーケストラのプログラムにもチケットにも、"Berliner Philharmoniker"とあり、どこにも"orchestra"とは書いてないので、今まで私は「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」と言っていたけど、それは間違えのようだった。そんなわけで、「ベルリナー・フィルハモニカー」の方が実は正しいと思うのだが、どう?。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

# by yurikamome122 | 2021-06-12 06:35 | コンサート

ブンデスアレーとティタニアパラスト

 自宅前のブンデスアレー、"bunds"とは「連邦」、"allee"は「通り」なので、"Bundesallee"とは「連邦通り」というわけで、それなりに重要な道路なのかもしれない。そのあたりをせっかくなので探検をしてみたい。ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_02032907.jpg 
 旅のお供は、片道およそ小一時間と言うことで、シューベルトの交響曲第9番をもちろんベルリン・フィルの演奏で、指揮はこの際フルトヴェングラーにしてみた。あのシューベルトの「魔法の竪琴」序曲とカップリングのやつ。戦後70年以上経つ現在のベルリンでは、戦中の壮絶な演奏はもうあまり好ましくない気もしている。
ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_02085403.jpg

 地図を見ると「ベルリン動物園駅」から南に下り、"Bundesplatz"(ブンデス広場)を通り、地下鉄9号線(U9)の"Walther-Schreiber-Platz"駅までの、およそ3.7㎞の道路で、下には地下鉄9号線が走り片側2車線、立体交差のゆったりした道路。
ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_21212168.jpg

 ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_02112138.jpg"Bundesallee 1"(ドイツはどんな小道でも大概は名前があり、そして家には番地ではなく番号がある。この"Bundesallee"の記念すべき1番目の家)はと言うと、ベルリン動物園駅から1㎞ほど南下したところにある"Universität der Künste Berlin Bundesallee"(ベルリン・ブンデスアレー芸術大学)がそこに当たる。








ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_02114875.jpg
 その真正面には"Bundeshaus"(連邦政府庁舎)が厳かにあって、そこはまだ壁があった時代、西ベルリンの西ドイツの庁舎だった。ここは"Bundesallee 216"になっている。この"Bundeshaus"も謂れがありそうなので後ほどに。










ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_21215588.jpg そしてさらに南下すると「ベルリン天使の詩」という映画で、ある夜ピーター・フォークがコーヒーを飲んで女性と印象深い話をしていたインビス(屋台)があった"Güntzelstraße"という駅があり、その先の「ベルリナー通り」と交差して"Volkspark Wilmersdorf"と言う公園を過ぎると"Bundesplatz"。
 シューベルトの交響曲第9番を、もちろんフルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルの演奏で聞きながらさらに南下する。その頃になると曲も佳境にさしかかり、第4楽章で気分も"Allegro vivace"。
 このブンデスアレーを遮るようにある教会の横を通り、終点のWalther-Schreiber-Platz駅にいよいよ到着、ブンデスアレーを踏破したわけだけど、なんとそのWalther-Schreiber-Platz駅の向こうに朧気ながら見覚えのある建物が!?
 近づいたらなんと"Titania Palast"って書いてある!!。え、あの「ティタニア・パラスト」だ!!。
ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_02205349.jpg
 今聴いている、まさにこのシューベルトの第9が1953年9月に演奏された場所だった。

 まだあったんだ!!。

 外には記念プレートがあり、
「1928年1月26日に、2000席のベルリンの閉鎖された映画館の1つとして発足した。
1945年5月26日、レオ・ボルヒャルト指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の戦時中初の夜のコンサートが開かれた。」(でいいのかな)とある。
ブンデスアレーとティタニアパラスト_c0021859_21390301.jpg

 ここでは、フルトヴェングラーはもちろん、ボルヒャルトも若きチェリビダッケも活躍する檜舞台だった。そして、あの戦時中の壮絶な演奏の数々が行われたあの場所だった。
 今はこの建物は、あの激しい戦争の爪痕を私には全く感じさせてはくれなかったけど、でも歴史の証人としてなにかを語ってほしくて、帰ってからフルトヴェングラーの戦時中の録音を次々聴いてみている。戦時中の録音集は、個人的な感想として曲の再現としていいかどうかは分からないけど、でも時代の再現としては、今まだ聴くべきところがたくさんあった。
 あの頃演奏会場だった「ティタニア・パラスト」は今は再び映画館となり"Cineplex Titania"となっていて、のどかに普通の場末の雰囲気のある映画館だった。もちろん今はロックダウン中なので閉館中。だけど、いずれは入ってみたい。

 まだあったんだ、この建物は!!。

 11月から始まったロックダウンも来月の3月まで続くという発表もあり、かれこれ4,5ヶ月になろうとしているなかで、ここのところ日本からの仕事の依頼もあり、ちょっと慌ただしくブログ更新も滞っていた。
 その間、外国人局の順番もやっと回ってきて、1月の半ば過ぎには3年のビザももらえて、IDカードも手に入った。2月に入り氷点下の日が続き雪も降り、しかし半ばも過ぎると急に春の足音がきこえはじめた。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

# by yurikamome122 | 2021-02-20 21:52 | ベルリン散歩

ドイツのロックダウン、2月14日まで延長

とうとうベルリンでは明後日の1月24日より強化されてロックダウンがさらなる延長になった。
以下、概要

(ア)接触制限
 ○ 公共・私的空間における最低1.5メートルの対人間隔確保
 ○ 家族以外接触は,真に必要な最低限度に減らす。
 ○ 自宅からの外出は,買い物,仕事,教会などへの訪問や礼拝への参加,庭や畑・動物の世話,学校など,
  十分に説得的な理由がある場合に限り許される。
 ○ 外出中,特に道路,歩道,広場,緑地のような屋外の公共空間における滞在は,単独,家族と,その他
   最大1人まで許される。
(イ)特定の公共の場でのマスク(口と鼻を覆うもの)着用義務
 ○ 店舗内,近郊公共交通機関内,駅・空港内等でマスク着用義務あり。市(場),行列での待機中及び
  ショッピング通りの事務所前及び待機列でも着用義務あり。
 ○ 特に,以下の屋内では医療マスクの着用を義務付ける(1月24日から適用予定)。
 - 駅,空港等の公共交通機関内およびその他不特定の乗客を輸送する車両内
 - 小売店の職員を含むすべての者
 - 礼拝中
 ○ オフィスの屋内空間においては,着席しておらず,最低限の間隔が確保できない場合には,従業員及び訪問者
  によりマスク着用義務あり。
 ○ エレベーター内でもマスク着用義務あり。
(ウ)学校
 ○ ベルリンの学校に通うすべての生徒について,引き続き2月12日まで出席義務を停止する。
(オ)保育施設
 ○ 2021年2月14日まで保育施設は閉鎖されているが,全ての施設で緊急保育を実施している。
(キ)飲食店 
 ○レストラン等の飲食店は閉鎖される。ただし,持ち帰り,デリバリーは可能。
(ク)店舗・サービス業等
 ○ 食料品,文房具,新聞,雑誌,書籍,ペット用品,薬局以外の小売店等は引き続き2021年2月14日まで閉鎖される。
 ○ 理髪店・美容院なども引き続き閉鎖。ただし,理学療法等医学的に必要な治療は可能。
(ケ)文化施設
 ○ 映画館,劇場,テーマパーク,フィットネススタジオ,美術館・博物館,観光目的でのホテル宿泊,追悼施設等及び公的・私的文化施設は引き続き閉鎖。
(コ)余暇施設
 ○ アマチュア・スポーツは休止。スポーツ活動は,単独,または接触を伴わず間隔を確保する形で二人組にて行うことができる。
 ○ プロ・スポーツは許可された範囲内で,無観客で開催可。
(セ)違反に対する反則金
 ○上記措置の違反に対しては,反則金が科されることになる。

そんなわけで、仕方がないので医療用マスク(FFP2)をAmazonで購入。20コ入り一箱で約20ユーロだから1個あたり125円くらいの使い捨てマスクとなる。早速装着すると、息苦しい。
ドイツのロックダウン、2月14日まで延長_c0021859_00293910.jpg
ドイツのロックダウン、2月14日まで延長_c0021859_00303931.jpg


# by yurikamome122 | 2021-01-24 00:31

メリー・クリスマス!!

今年のベルリンのクリスマスは、静かで厳か。
メリー・クリスマス!!
メリー・クリスマス!!_c0021859_05333044.jpg

メリー・クリスマス!!_c0021859_05344012.jpg
メリー・クリスマス!!_c0021859_05354874.jpg
メリー・クリスマス!!_c0021859_05365608.jpg
メリー・クリスマス!!_c0021859_05372920.jpg


# by yurikamome122 | 2020-12-25 05:27 | ベルリン日記